骨造成

インプラント治療はどこの歯科医院も治療技術は同じではありません。治療技術のレベルを図る一つの基準に「さまざまな骨移植・骨造成治療に対応しているかどうか」はインプラント医院を選ぶ基準の一つの目安となります。

骨移植・造成の技術があれば、アゴの骨の量や高さ・幅が足りない、いわゆる難症例の方でもインプラントを可能にできる場合があるためです。ここでは当院で対応している骨造成治療の種類やテクニックについてご紹介していきます。

骨造成の種類

GBR

GBR

歯を失ってから時間が経過していると、歯を支える土台の骨が減っていきます。GBRは骨の骨幅が不足している部分に、骨補填材を置き、骨の再生させる治療法です。

ソケットリフト

ソケットリフト

特殊な器具を使って上顎洞底部を押し上げ、押し上げた部分に骨補填材を入れ、骨の高さを確保します。サイナスリフトが上顎洞までの骨の厚みが0~4mmの場合に行うのに対して、ソケットリフトは5~9mmの場合に対して行います。インプラントを埋入する部分から骨補填するので、傷口が小さくて済むというメリットがあります。

サイナスリフト

サイナスリフト

上顎の骨の上には上顎洞(じょうがくどう)と呼ばれる大きな空洞があります。上あごの奥歯が無い方は時間とともに「歯槽骨の吸収」が起き、この空洞が拡大し、上あごの骨が薄くなります。インプラントを埋入するのに十分な骨の厚みが無くなることがあります。
この上顎洞に骨補填材を入れて、骨の厚み出来上がるのを待ってからインプラントを埋入します。

スプリットクレスト

スプリットクレスト

骨密度を上げながらインプラントが入る穴を押し広げて、インプラントを埋入する方法です。歯の土台の骨が薄い場合にする骨造成治療です。骨補填材を併用する場合もあります。

抜歯即時インプラント

抜歯即時インプラント

抜歯即時法は、抜歯した直後にすぐにインプラント埋入を行う方法です。抜歯した場所に埋入できる十分な骨の量がある、歯周病にかかっていない、などの条件を満たしている必要があります。また当院では抜歯即時法に最適なインプラントメーカーも選択しております。

抜歯してすぐにインプラントを埋入することは、将来的に周囲の骨が減るのを抑えたり、周りの歯を助けたりすることにもなりますのでとても有効な手段です。

以上、あごの骨の量が足りない、高さや厚みがない、…と他院でインプラントを断られた方でもご相談ください。上記でご紹介した骨造成治療でインプラントを可能にできる場合があります。お気軽にお問い合わせ・ご相談ください。

ご予約・お問い合わせ

初めての方でもお気軽にお問い合わせ・ご相談下さい
03-5384-6500

平日10:00-13:00 / 14:30-20:00
*土曜午後14-19時 日曜午後14-17時 休診:祝のみ

  • 24時間WEB予約
  • ご予約・相談・お問合せ
  • ご意見・要望・改善提案

診療時間
▼土曜14-19時  ★日曜14-17時

〒182-0002 東京都調布市仙川町1-27-25 仙川デルタスタジオ1F

京王線・仙川駅 徒歩1分

タイムズご利用の方は診療時間に応じて
サービス駐車券を発行いたします。
駐車証明書を必ずお持ちください。
提携のタイムズの場所はこちらから