個室オペ室・ドレーピングの徹底

インプラントオペ室

当院では、インプラント治療などにおける口腔外科治療は、専用のオペ室でドレーピングをしっかりと行い、ドクターと歯科衛生士の内回り、手術を周囲でサポートするスタッフの外回りとで、清潔域・不潔域を区分して、治療を行うようにしております。

傷口が感染しないことが治療成功のポイント

ドレーピング

例えば、器具の滅菌が徹底されていなかったり、室内の浮遊物が多かったりすると、傷口が感染を起こし、インプラントがうまくくっ付かないことがあります。よく擦り傷なども清潔にしていないと化膿したりすると思いますが、それと同じ現象が治療部位でも起こってしまいます。

そうならないためにも、インプラントをする歯科医院は、出来るだけ清潔な環境で治療することを気を付けなければいけません。そのためにオペ室や手術着(ドレーピング)、清潔域・不潔域の区別をしているかどうかは、治療成功の大切なポイントでもあります。

滅菌・衛生管理の徹底・院内感染防止

ヨーロッパ基準の滅菌器

BC-17

医療先進国であるヨーロッパの厳しい基準EN13060 クラスBに準拠した国産(IHI)のオートクレーブを使用し、器具の滅菌を徹底しております。通常のオートクレーブ機器よりも滅菌のレベルが上がります。

クラスBとは?

歯科医院の滅菌では、高圧蒸気滅菌器(オートクレーブ)が広く使用されています。オートクレーブは、上から(B)⇒(S)⇒(N)…とクラス分けされていますが、多くの一般歯科医院で導入されているオートクレーブはほとんどがクラス(N)です。

クラスBオートクレーブとは、ヨーロッパの基準EN13060に準じたオートクレーブのことを表します。このEN13060とは「あらゆる種類の滅菌物(固形、包装、多孔性、中空のある物)を完全に滅菌できる」ということを意味しております。

インプラント等の外科処置においても「より感染しにくい環境で治療が受けられる」ことになります。滅菌のレベルを引き上げることは口腔内の環境に大きく影響するため、非常に重要です。

患者さんごとにグローブの交換

グローブ

当たり前のことですが、使用するグローブ(使い捨てゴム手袋)は、その都度患者さん毎に交換をしております。お口の中を素手で触ったり再利用することはいたしません。

基本的なルーチンワークで、一日で出るグローブの廃棄の量も多いのですが、これをしっかりすることで高い院内感染の防止を実現できます。

ご予約・お問い合わせ

初めての方でもお気軽にお問い合わせ・ご相談下さい
03-5384-6500

平日10:00-13:00 / 14:30-20:00
*土曜午後14-19時 日曜午後14-17時 休診:祝のみ

  • ご予約・相談・お問合せ
  • アクセス地図

診療時間
▼土曜14-19時  ★日曜14-17時

〒182-0002 東京都調布市仙川町1-27-25 仙川デルタスタジオ1F

京王線・仙川駅 徒歩1分

タイムズご利用の方は診療時間に応じて
サービス駐車券を発行いたします。
駐車証明書を必ずお持ちください。
提携のタイムズの場所はこちらから